ブログBlog

カピコ・ラーボ

ぬぽ~ん。実は一食っていろんな団体とプロジェクトしてるって知ってる?

夢は達成できる バターン青少年人材育成事業

Sep 14, 2021

一食平和基金と合同で、「バターン青少年人材育成事業」を実施している、バターンキリスト教青年財団(BCYFI)の理事長のアナ・マリア・バンソン・トアソンです。この事業では、フィリピン・バターン州在住で貧しいながらも、未来のある若者が大学教育を受けることができます。社会的に弱者の立場である彼らにとって、人生を変える最大のチャンスは、能力と自信を高め、経済的に安定し、社会的に貢献できる夢を実現できるような大学教育を受けることです。

長年にわたり、新しい奨学生とその家族とのオリエンテーションを行うたびに、この奨学金は、立正佼成会のみなさまが一食を抜き、その分の食事代を一食平和基金にお布施をする「一食を捧...

温かい浄財を暖房に変えて

Sep 14, 2021

一食平和基金では、アフガニスタンにおいて特定非営利活動法人ジェン(以下、JEN)との合同事業にて、2020年に発生した土石流災害の支援活動を実施いたしました。
今回のブログでは、JEN代表からのご報告をお届けします。

********************

一食平和基金の支援を受け、「パルワン県チャリカ土石流災害被災者越冬支援」を実施した特定非営利活動法人ジェンの木山啓子です。

アフガニスタンのパルワン県の県庁所在地チャリカは、町の中心部からも山が見える、風光明媚なところです。2007年に日本政府外務省が日本人の渡航自粛を求める前は、私も何度も訪れました。空気が澄んで雪を頂いた山に囲まれているので、...

日本の国際協力NGOの現状と取り組み

Aug 10, 2021

一食平和基金と合同で「NGO切磋琢磨応援プロジェクト」を実施しております、国際協力NGOセンター(JANIC)より、プロジェクトのご報告をいただきました。団体スタッフからの直接のご寄稿、お楽しみいただけたらと思います!

********************

JANICの山田と申します。私達JANICは、1987年に設立されてから日本のNGOの支援を30年以上行っております。

その中でも一食平和基金の皆様とは長きに渡り、日本のNGO支援を合同で進めさせて頂いております。

急ではありますが、日本のNGOはどのくらいあるかご存知でしょうか?

・・・
・・・・・・

・・・
・・・・・・

・・・
・・・・・・現在では約...

【JVC事業報告②】生まれたたくさんの笑顔とともに【カンボジア】

Jun 14, 2021

こんにちは!

今回は「日本国際ボランティアセンター」(JVC)さんと合同で実施していた二つのプロジェクトの終了をうけて、ご担当者さんからの事業報告・成果を二つの記事でご紹介しています!(^▽^)/

 

第2段は、カンボジアでの「東南アジアにおける農村再生プロジェクト」についてのご報告です。

 

今回の記事を書いてくださった大村さんは、先日の一食推進全国フォーラムでも当プロジェクトについてご報告くださり、多くのよろこびや感動を伝えてくださいました!

 

********************

一食平和基金と合同で、「東南アジアにおける農村再生プロジェクト(カンボジア)」を実施している日本国際...

【JVC事業報告①】自分たちの森は自分たちで守りたい【ラオス】

Jun 14, 2021

みなさんこんにちは!

今回は「日本国際ボランティアセンター」(JVC)さんと合同で実施していた二つのプロジェクトの終了をうけて、ご担当者さんからの事業報告・成果を二つの記事でご紹介いたします!(⌒∇⌒)

まずは、ラオスでの「東南アジアにおける農村再生プロジェクト」についてのご報告です。

********************

一食平和基金の皆さまと合同で、「東南アジアにおける農村再生プロジェクト(ラオス)」を実施してまいりました日本国際ボランティアセンター(JVC)ラオス現地駐在員の岩田健一郎です。

2017年4月から継続してきた本プロジェクトが2021年3月に終了を迎えたことを受けまして、皆さまにプ...

国連WFP協会より ~ミャンマーの今~

Mar 30, 2021

一食平和基金のご支援を受け、「ミャンマー学校給食事業」を実施する国連世界食糧計画(WFP)の公式支援窓口を務める認定NPO法人・国連WFP協会で、法人様ご支援・連携の担当をしております松本聡子と申します。

 

ご支援者の皆様からのWFPの活動への継続的なご支援に、心から御礼申し上げます。

今回は、刻々と変わる同国の政状への対応について皆様にご報告いたします。

 

2021年2月1日の軍によるクーデターを受け、ミャンマーの状況は急速に変化しており、すでに弱い立場に置かれた人々の生活に影響を与えています。

幸い現地のWFP職員(約250名)は全員無事で、毎日点呼をとって業務にあたっているとのことです。

 

ミャンマーで...

混乱が続くミャンマーの今

Mar 11, 2021

一食平和基金様と合同で、「ミャンマー読書推進事業」を実施しているシャンティ国際ボランティア会(SVA)の松本です。   今回はこちらのブログで、 軍事クーデターと新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けているミャンマーについて、現地の様子をお伝えします。    本会では2018年からミャンマーの東バゴー地域において移動図書館活動などを含む読書推進事業を、 一食平和基金様と合同で実施しています。   2021年は事業の最終年度ということもあり、現地スタッフも一層張り切って事業を進めていました。      そんな中、皆さまもご存知のとおり、 2021年2月1日に国軍がアウンサンスーチー国家顧問、NLDの政府閣僚...

ミャンマーの子どもたちの笑顔を思い出す

Feb 14, 2021

皆さんこんにちは! 
 
 
最近ニュースでミャンマーの軍のクーデターについて、よく目にしますよね。
多くの市民が、明日はどうなるかわからない不安の中、デモに参加するなど、必死に抗議をされています。 
 
一食と合同で事業支援を行っている、現地パートナー団体のスタッフからは、今のところスタッフ全員無事であるというお知らせがあり、ほっとしました。
 
 
 
本日は、2年前、一食研修ツアーでミャンマーに訪れたときの事を振り返りたいと思います。 
 
研修ツアーに集まった参加者は12名。わくわくドキドキしながら日本を発った...

国連WFPがノーベル平和賞!そして世界食料デー

Oct 14, 2020

ニュース等でご覧になった方も多いと思いますが、国連WFPが2020年のノーベル平和賞を受賞しました!
国連WFPは国連唯一の食料支援機関で、自然災害や紛争などの緊急事態でいのちを守る緊急食糧支援、学校給食プログラムや母子栄養支援などを中心に活動しています。
一食平和基金も1990年から支援を始め、近年はミャンマーの学校給食プログラム(初等教育の普及)を支援しています。

もう一つご紹介したいのが、国連WFPが運航する国連人道支援航空サービス(UNHAS)です。
移動制限で輸送が難しくなった地域において陸海空の輸送路を確保。新型コロナウイルスが世界的に流行する中、食料だけでなく医療用品や医療従事者を送り届...

【JAR】オンライン講座のご案内

Aug 11, 2020

Hello~
合同事業のパートナーである難民支援協会(JAR)さんが10月に『難民アシスタント養成講座』を行われます♪

【難民アシスタント養成講座】
 日 程:10/3 ・4(土日)、10/17・18(土日)全4日間
 時 間:10:00-13:00、最終日(10/18)のみ 15:00迄
 受講料:一般12,000円、学生6,000円
 詳しくは、以下のページをご覧ください。
 https://www.refugee.or.jp/event/2020/10/03-0000.shtml

毎回、あっという間に定員に達する講座です♪
今回は初のオンライン開催で、4日に分けて開催されます。
難民に関する制度や状況、ヨーロッパにおける...

書籍紹介☆難民の方の家庭の味☆

Jun 13, 2020

Hello~
雨が降るようになったな~と思ったら、沖縄では梅雨が明けたんですね。
ビックリです。

さて、世界難民の日(6月20日)の前に、今日は本を1冊紹介させてください。
難民支援協会(JAR)さんの『海を渡った故郷の味 新装版 Flavours Without Borders new edition』です。

アジア・アフリカ・中東など世界15の国・地域から45の家庭料理を集めたレシピ本で、JARさんが難民の方からレシピを伺い、一緒に料理を作りながら制作されたそうです。
書籍紹介(↓)の中にはレシピも掲載されていました!
https://www.flavours-without-borders.jp/

発刊にあたっての...

【JAR】世界難民の日 イベントのご案内

Jun 08, 2020

Hello~

6月に入りました。世界難民の日(6月20日)が近づいてきましたね。
この前、ラビ・ウサハール・ポッケ(彼女の名前です)がゆめポッケキャンペーンのご案内をしましたが、ポッケを受け取る子どもたちも難民、国内避難民として生きているんですよね。

そこで、今日は合同パートナーである難民支援協会(JAR)さんのイベントを案内させてください。
6月20日に開催されるオンラインイベントで、JARの石川えりさんとDialogue for Peopleの安田菜津紀さんの対談、日本で飲食店を経営する難民の方のインタビュー、日本に逃れてきた難民の方々の故郷の料理の紹介などがLive配信されるそうです!

母国を逃げなく...

絵本200冊!!

Apr 27, 2020

Hello!
2月の一食ニュースでミャンマーへの絵本シール貼りボランティア募集の情報をお送りしましたが、今回のコロナの影響で団参プログラムが中止になり、みなさまにはご迷惑をお掛けしました。
中止になった影響で一食の事務局に残った絵本はなんと200冊!!この200冊の絵本をどうするかスタッフも頭を抱えましたがどうにか多くの方々のご協力もありすべてシールを貼り終えることが出来ました!ふー(汗)
こうやっていつもたくさんの方に支えてもらえて感謝ですね。
今はミャンマーでも移動図書館をするのが厳しい状況ですが、日本の絵本が現地の子どもたちの手に早く渡ることを願っています☆
皆さんもお体にはお気をつけてくださいね...