ブログBlog

毛布報告書の母印

Oct 24, 2020

こんにちは。
昨日、モザンビークのACRIDECから毛布の配付報告書がとどきました♪
昨年のキャンペーンで集めていただき、主に今年2月に配付された活動の報告です。
当初は、ボランティア隊を派遣する予定でしたので、数十枚を未配付で保管してもらっていましたが、そうしている間に新型コロナウイルスの感染が拡大。秋に予防対策をとりながら全ての毛布を配付してくださいました。

報告書には配付活動の詳細だけでなく、毛布を受け取った方のサインや母印、領収書の原本も同封されています。

母印を見ながら、モザンビークの識字率が気になり、調べてみました。
少し前のデータになりますが、15歳以上の識字率が60.7%。
5人に2人は日常...

毛布の配付国・枚数が決定!

Oct 24, 2020

こんにちは。
今年のアフリカへ毛布をおくる運動のキャンペーンでお寄せいただいた毛布の配付国・枚数が決定したワン♪

・マラウイ:2,700枚
 (マラウイ赤十字社)
・モザンビーク:1,350枚
 (KULIMA)
・モザンビーク:1,066枚
 (ACRIDEC)         合計 5,116枚

本年は、新型コロナウイルスによる影響がある中で例年のような活動はできませんでしたが、昨年のキャンペーン後に集めていた毛布、直接倉庫に送ってくださった毛布などが一緒になり、こんなに多くの枚数になりました!
皆様のご理解とご協力に感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。...

国連WFPがノーベル平和賞!そして世界食料デー

Oct 14, 2020

ニュース等でご覧になった方も多いと思いますが、国連WFPが2020年のノーベル平和賞を受賞しました!
国連WFPは国連唯一の食料支援機関で、自然災害や紛争などの緊急事態でいのちを守る緊急食糧支援、学校給食プログラムや母子栄養支援などを中心に活動しています。
一食平和基金も1990年から支援を始め、近年はミャンマーの学校給食プログラム(初等教育の普及)を支援しています。

もう一つご紹介したいのが、国連WFPが運航する国連人道支援航空サービス(UNHAS)です。
移動制限で輸送が難しくなった地域において陸海空の輸送路を確保。新型コロナウイルスが世界的に流行する中、食料だけでなく医療用品や医療従事者を送り届...

ビックリしたこと

Oct 08, 2020

こんにちは♪
先日のブログで臨時助成のご報告をしましたが、その中の一つ「フィリピン日系人リーガルサポートセンター(PNLSC)」の事務局長さんからこんなお話を伺いました。


一食を捧げる運動の資料(リーフレット)を職員全員で読ませていただきました。
資料を見て気付いたのですが、実は、マニラで20年近く事業を手伝ってくれているバターン出身の方がおり、なんとBCYCCの元奨学生なのです。
このご縁に、職員一同感動しています。


事務局長さんが、今回の助成決定のことと一緒に一食運動についてPNLSCの職員さんにお話ししてくださったところ、PNLSCの事務所で実践したいという声があがったそうです。
また、「日本の伝統...

一食地域貢献プロジェクトへのご参加ありがとうございます!

Oct 07, 2020

みなさんこんにちは!

今年は30を超える教会より本プロジェクトへご参加いただきました。当初は97教会が参加予定でしたが、PJ委員会の開催や団体選定など、難しい状況だったかと思います。すべてのご担当者さまに、感謝の気持ちでいっぱいです。
現在、一食平和基金運営委員会にてご申請の承認を進めておりますので、結果の通知までもうしばらくお待ちください♪
*:;;;:*+*:;;;:*

また一食地域貢献緊急支援プロジェクトは、お蔭さまで現在、48教会より95団体へ支援がなされました。こちらは11月10日締切です。ご参加お待ちしております!...

臨時助成が決定した5件の事業をご紹介します!

Sep 30, 2020

みなさんこんにちは!

今日はタイトルのとおり、先日の令和2年度第3回の一食平和基金運営委員会にて決定した
5件の臨時助成について、団体さんや活動内容をお伝えします♪

*:;;;:*+*:;;;:*+*:;;;:*+*:;;;:*+*:;;;:*+*:;;;:*:;;;:*+*:;;;:*+*:;;;:*+*:;;;:*+*:;;;:*+*:;;;:*

①学校給食事業(マラウイ赤十字社)
 アフリカ・マラウイの主な生計手段は農業です。近年、天候に農作物の収穫率が左右されています。ここから生じる問題は単に食糧不足だけではありません。ユニセフの調査によると、家庭での食事・栄養が不足している子どもたちは学校への欠...

【届けたい思い】ボランティア隊の毛布メッセージ

Sep 15, 2020

今年はコロナの影響で、毛布の取り組みは自粛を余儀なくされました。アフリカ毛布ボランティア隊の派遣ができなくなった5月。何かできないかと隊員さんに呼びかけたところ、沢山のメッセージのご協力をいただきました!
こちらが原動力となり、寄付していただいた第二団参会館の毛布に、職員有志で600枚以上のメッセージを縫い付けることができました。

【ンワンダ】佼成新聞では紹介できませんでしたが、隊員と隊員サンガの思いのこもったメッセージが大きな励みになりました。是非見てほしくて、投稿したワン!

ありがたしゆめポッケ

Sep 14, 2020

こんにちわ~♪!!

担当Kです☆

前回担当Tからゆめポッケゆめポッケの状況がブログで上がっていたかと思いますが、

最近は梱包作業に精を出しています!!おかげさまで今は約300箱の梱包を終わらせました^^/ ふー💦

初めて本部収集に取り組んでみて、限りない数のゆめポッケに喜びの悲鳴が上がっていましたが、

ゆめポッケと共に送られてくる皆様からの温かいお手紙に何度心を癒されたかわからないです( ;∀;) 

ありがとうございますm(__)m

あと、先日2回目の発送式をしました!

そこでは全国で作ってくださった皆さんへの感謝の気持ちと合わせて、日本の子どもと現地の子どもが幸せに、笑顔に暮らせますようにと願いを込めさせてい...

まだまだ募集中!”コロナ版”地域貢献プロジェクト

Sep 14, 2020

皆さんこんにちは!

 

今日は「一食地域貢献プロジェクト緊急コロナ支援」についてのお話、近況をご紹介いたします(`・ω・´)ゞ

 

今回の「一食地域貢献プロジェクト緊急コロナ支援」は、これまでの「一食地域貢献プロジェクト」の在り方をもとに、コロナ禍にあっても、地域の人々のために奔走されている団体を支援するべく決定されました。

地域貢献プロジェクトよりも大胆に(金額)かつスピーディーに(手続きの簡素化)、「一食を捧げる運動」にお取り組みいただいた皆さんのまごころを届けられる仕組みになっています。

 

スタート以来、毎月お申し込みをいただいており、ご活用いただいた教会さんには事務局一同感謝の念でいっぱいです。

地元の新...

【届いてます】本部で初のゆめポッケ梱包【詰めてます】

Sep 07, 2020

 ★━━━━----————————————————————————-
皆さん、こんにちは!
ゆめポッケ担当のTです(^_^)/~

前回の更新から日が開いてしまいました💦
予告では私のポッケも本部へ郵送する予定だったのですが、持ち込みにして郵送費は献金させていただくことにしました!

8月からどんどん本部にゆめポッケが届いて、中旬には専用段ボール50箱分を事務所で作業して、倉庫に「第一弾」として送付することができました!
スタッフで祈願供養もさせていただきました。その様子はまた近日中にお届けできるかと思います(`・ω・´)ゞ

パンパンになったゆめポッケが続々と届き、毎日感動と感謝を新たにする日々でした。
温かいお...

【つめてみた】中身とメッセージカード【担当T】

Aug 13, 2020

★━━━━----————————————————————————-
皆さん、こんにちは!
ゆめポッケ担当のTです(^_^)/~

前回、四苦八苦しながら作った袋に、今回はぎゅぎゅっと「ゆめ」つめてみました。

親子三人分の一食募金箱から出し合って購入した品々の一部です。
ハンドブック11ページや12ページを参考に選びます!
ばらけない包装やビニール袋は外します(^▽^)/
筆箱やポーチ、かわいい入れ物に入れなおすとプレゼントが増えますヨ。

それから、家にあった未使用のノートやペン、妹がゲーセンで取ってきたぬいぐるみ…おばあちゃんもノベルティでもらったかわいいタオルハンカチを「入れてあげて」と出してくれました。

百...

レバノン ベイルートでの大爆発について

Aug 12, 2020

みなさんこんにちは♪

ニュースを見て知っている方も多いとは思いますが、8月4日にレバノンの首都ベイルートで大爆発が起こりました。

死者、負傷者の数は毎日のように増え、現在では死者163人、負傷者60,000人といわれております。

お亡くなりになられた方に哀悼の意を表しますとともに、被害にあわれた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

レバノンは毎年ゆめポッケを送ったり、奨学生への支援を行ったりと、私たちとはとても深い関係にあります。

爆発が起きてすぐにレバノンの現地団体にメールを送りました。

本日は皆さんにそのメールの返事をお届けいたします。

―――――――――――――――――――――――――――――――――...

【JAR】オンライン講座のご案内

Aug 11, 2020

Hello~
合同事業のパートナーである難民支援協会(JAR)さんが10月に『難民アシスタント養成講座』を行われます♪

【難民アシスタント養成講座】
 日 程:10/3 ・4(土日)、10/17・18(土日)全4日間
 時 間:10:00-13:00、最終日(10/18)のみ 15:00迄
 受講料:一般12,000円、学生6,000円
 詳しくは、以下のページをご覧ください。
 https://www.refugee.or.jp/event/2020/10/03-0000.shtml

毎回、あっという間に定員に達する講座です♪
今回は初のオンライン開催で、4日に分けて開催されます。
難民に関する制度や状況、ヨーロッパにおける...

国連WFP協会さんより感謝状をいただきました

Aug 08, 2020

コンにちは!

この度の新型コロナウイルスに対する緊急支援に、国連WFP協会さんから感謝状をいただきました!
詳細は後日、佼成新聞デジタルに掲載されますのでお楽しみに。

令和2年7月豪雨に対する緊急支援

Jul 31, 2020

こんにちは。
この度の7月豪雨でお亡くなりになられた方に哀悼の意を表しますとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

一食平和基金では、熊本県、福岡県、大分県、鹿児島県に以下のようにお見舞金を贈呈させていただくことになりました。

(1) 熊本県に300万円
   ・人吉市        100万円
   ・芦北町        100万円
   ・球磨村          50万円
   ・八代市          50万円

(2) 福岡県に200万円
   ・福岡県        100万円
   ・大牟田市      50万円
   ・久留米市         50万円

(3) 大分県に100万円
(4) 鹿児島県に100万円

現地では、新型コロナウイル...

みんなで手を洗おう♪ UNHCRの取り組み(写真)

Jul 30, 2020

コンにちは♪ 皆さんの日々のご協力・祈りのお蔭さまで、一食平和基金よりUNHCRへ新型コロナウイルスに対する緊急支援ができました。
難民キャンプ内で手洗いができるようになると、感染を防ぐことができます。私たちも手洗いで、感染を防いでいきましょう♪

南スーダンで手洗い♪

イラクで手洗い♪

バングラデシュで手洗い♪

やくしん8月号を見てください!

Jul 27, 2020

こんにちニャ~!

みなさん、やくしん8月号はもう見られました?

なんと!!今月は、「世界平和と私の信仰生活 part 2」の特集で、
「一食を捧げる運動」を取り上げていただきました↑↑

「一食を捧げる運動」や「アフリカへ毛布をおくる運動」の始まったときのエピソード漫画「はじめの一歩物語」を掲載しています!

また、「親子で取り組むゆめポッケ」は現地の子どもたちの声を載せていますので、ゆめポッケを作る際に読んでいただけたら嬉しいです♪

教会で集まって毛布の集荷をしたり、ゆめポッケの学習会をしたいできないからこそ、こうやって取り上げていただけるのはとてもありがたいです(;ω;)出版さん、ありがとうございます。

皆さ...

【作ってみた】はじめての…【担当T】

Jul 26, 2020

皆さんこんにちは!

今日は、一食の担当であるTさんがチャレンジした「ゆめポッケ」づくりの模様をお届けします。

★━━━━----————————————————————————-
皆さん、はじめまして。
一食で、ゆめポッケを担当しておりますTです^^

今回は「はじめて」ゆめポッケをイチから自分で作ってみました…。
○○年前は、母や祖母に言われ、一般さん(ベテランのお姉さま達)がつくってくれた袋に、おもちゃやメッセージカードを詰めていました。

今年は教会に集まれなくなって…でも、だからこそ「我が家」の思いのこもったポッケが作れるのでは?と。

母や祖母にアドバイスをもらったり、それぞれのこれまでの一食実践のお金を...

ゆめポッケ配付先のミンダナオ島で紛争が起きました。

Jul 23, 2020

こんにちわ♪

本日は皆さんにゆめポッケの配付先であるフィリピンミンダナオ島の今の状況をお伝えします。

フィリピンでは3月からマニラでの新型コロナウイルスの感染者が増えたことにより3月15日~4月14日の間、首都圏が封鎖されました。

また、ゆめポッケの配付をしてくれている現地団体、「ミンダナオ子ども図書館」(略称 MCL)のあるキダパワンでも外出自粛要請が出て、都市間での移動も制限される日々が続きました。

そんな中、5月からピキットという地域でムスリム間の紛争が起きました。

紛争が起きてすぐにMCLの皆さんは支援に駆け付けたかったのですが、移動範囲が制限されていたため、なかなか避難所に駆け付けることが出来...

レバノンについての特番のお知らせ

Jul 17, 2020

こんにちは!

先日は、レバノンに皆さんのまごころいっぱいのゆめポッケが届いたことをお知らせしました。

タイムリーにも、レバノンにご在住の方から教えてもらったのですが、明日NHK BS1でレバノンについての特番があるそうですよ!

BS1スペシャル「レバノンからのSOS~コロナ禍追いつめられるシリア難民~」

直前のお知らせになってしまい、申し訳ございません(><;)

お時間やご環境にご都合のつく方は、ゆめポッケが配られている国の現状について、ぜひご覧ください。

私も録画して見ます!!...

【重要】「ゆめポッケ」の本部発送について

Jul 14, 2020

「親子で取り組むゆめポッケ」の、各ご家庭でお取り組みいただいたポッケの収集についてお知らせいたします。

この度の新型コロナウイルスの影響を受けて、今年は、例年のように教会単位での収集作業・輸送業者による倉庫への発送が難しいことから、各ご家庭から個別に本部へお送りいただくことも可能になりました。

親子で語り合い、平和について考え、まごころを込めて作成してくださった「ゆめポッケ」。
私どもスタッフ一同も心を込めて、発送させていただきます。

発送方法の詳細は、以下の「手順」「チェックシート」をご確認ください。

本部発送の手順はコチラ

「親子で取り組むゆめポッケ」チェックシートはコチラ

(この二つは、ホームページの...

レバノンに届きました!!

Jul 13, 2020

今日は皆さんにうれしいご報告です!

レバノンのパレスチナ難民キャンプで暮らしている子どもたちにゆめポッケが届きました♪

皆さんが作ってくださったゆめポッケを嬉しそうに抱えている子どもたちを見る。担当者としてはこの瞬間が一番好きだったりします(^^)/

 

新型コロナウイルスの影響もあり、パレスチナ難民キャンプの子どもたちは、ロックダウンで外に出られないなか、ゆめポッケに入っていたおもちゃや、色鉛筆を使って家の中でも楽しく過ごしているそうです♪

 

コロナ禍でも困っている人のことを考え行動している教会の皆さまをはじめ、配布先で一生懸命支援に奔走する団体さんのおかげさまでこの活動は続いているのだなと身に染みていま...

【ACRIDEC】新型コロナウイルスに対する緊急支援

Jun 30, 2020

今日は、新型コロナウイルスに対する緊急支援の中で、モザンビークのACRIDEC(アフリカへ毛布をおくる運動の現地パートナー団体)が行っている活動をお伝えいたします。

現在、モザンビークの感染者数は839人、新規感染者は51人です。(6月28日WHO発表)
日本で感染者が急増した頃にはそれほど感染者は多くありませんでしたが、最近になり増えています。

そうした中、ACRIDECはマスク200枚を作り、地域の人々に配布。他にも、石鹸やきれいな水、トウモロコシを材料とした食事、食用油などを配布しました。

また、ACRIDECは地域の孤児院を訪問し、子どもたちにも緊急支援物資を配布しています。

 
 

今回の緊急支援では...

【テラ・ルネッサンス】コンゴ民主共和国での緊急支援

Jun 28, 2020

コンにちは♪
コロナウイルスに対する緊急支援ということで、昨年、臨時助成で支援したテラ・ルネッサンスさんから嬉しいお知らせをいただきました!

テラ・ルネッサンスさんは、コンゴ民主共和国の紛争で被害にあわれた女性を対象として、パイナップルジュースや石鹸づくりに取り組まれています。
最も厳しい状況に置かれている女性が、活動を通して、様々な困難やリスクに直面しながらも、自分の持っている力をいかし、レジリエンスを向上できるように尽力されています。

3月末、現地から、「事業計画を一部変更して、新型コロナウイルスの緊急支援を行わせてもらえませんか」とご相談をいただきました。
アフリカでの感染拡大が心配されていたこと...

新型コロナウイルスに対する緊急支援

Jun 28, 2020

コンにちは♪
新型コロナウイルスに対する緊急支援が決定しました!
まずは概要をご報告いたします。NGO支援の内容ついては、今後のブログでお伝えするコン!

《支援概要》
1.一食地域貢献緊急支援プロジェクト
各教会が一食を捧げる運動の浄財の一部を活用し、新型コロナウイルス対応で活動する地域の団体を支援する活動です。

2.国連
(1)国連難民高等弁務官事務所(UNHCR) 500万円
祖国を逃れた難民・避難民の方々に救援物資の手配(きれいな水、石けんなど衛生用品の供給と廃棄物処理の徹底化)や現金の給付を行っています。
また、難民・避難民との情報共有の強化、難民キャンプや居住地等における感染予防、保健スタッフの訓練に...

「レジ袋有料化」について、「ふと」から「いろいろ」

Jun 15, 2020

最近、話題の「レジ袋有料化」。

 

環境のことを考えることはもちろん大切!地球市民の義務!

でも、あんなに便利で手軽なもの…日常で当たり前になりすぎていて、今さら「やめましょう」って言われても…という気持ちも…(^^;)

それに「有料化」っていうけどそのお金はどこに行へ…?ということを、ふと疑問に思ったので、調べてみました!

経済産業省のページ

https://www.meti.go.jp/policy/recycle/plasticbag/plasticbag_top.html

見てみると、「私たちは、プラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く利用していく必要があります。」とあります。

なんとなく、「プラスチック...

【UNHCR】世界難民の日のイベント ご案内

Jun 14, 2020

コンにちは♪ 6月20日は世界難民の日です。国連UNHCR協会のイベントについてご紹介します。
「UNHCR WILL2LIVEムーブメント2020」
https://www.japanforunhcr.org/archives/unhcrwill2live2020
世界の難民・避難民を新型コロナウイルスから守る支援を呼びかけ、共感の輪を広げる配信型の音楽・映画イベントを開催します。「聴く支援」「観る支援」は20日以降も視聴できますが、ライブ配信限定の内容もあります♪

当日は日本各地のランドマークがブルーに点灯します。どちらもお楽しみに♪
...

書籍紹介☆難民の方の家庭の味☆

Jun 13, 2020

Hello~
雨が降るようになったな~と思ったら、沖縄では梅雨が明けたんですね。
ビックリです。

さて、世界難民の日(6月20日)の前に、今日は本を1冊紹介させてください。
難民支援協会(JAR)さんの『海を渡った故郷の味 新装版 Flavours Without Borders new edition』です。

アジア・アフリカ・中東など世界15の国・地域から45の家庭料理を集めたレシピ本で、JARさんが難民の方からレシピを伺い、一緒に料理を作りながら制作されたそうです。
書籍紹介(↓)の中にはレシピも掲載されていました!
https://www.flavours-without-borders.jp/

発刊にあたっての...

【JAR】世界難民の日 イベントのご案内

Jun 08, 2020

Hello~

6月に入りました。世界難民の日(6月20日)が近づいてきましたね。
この前、ラビ・ウサハール・ポッケ(彼女の名前です)がゆめポッケキャンペーンのご案内をしましたが、ポッケを受け取る子どもたちも難民、国内避難民として生きているんですよね。

そこで、今日は合同パートナーである難民支援協会(JAR)さんのイベントを案内させてください。
6月20日に開催されるオンラインイベントで、JARの石川えりさんとDialogue for Peopleの安田菜津紀さんの対談、日本で飲食店を経営する難民の方のインタビュー、日本に逃れてきた難民の方々の故郷の料理の紹介などがLive配信されるそうです!

母国を逃げなく...

「ゆめポッケ」キャンペーン始まります!

May 31, 2020

こんにちは、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今年も6月1日からゆめポッケのキャンペーンが始まります!

 

日本では緊急事態宣言が解除されましたが、未だに世界中が新型コロナウイルスの影響で不安を抱えています。

 

その上、ゆめポッケを配布している国・地域では、依然として紛争も起きています。

先日フィリピン、ミンダナオ島より、5月に入りイスラーム地域で紛争が起こり、多くの避難民が出ているとの報告がありました。

コロナの影響により支援もスムーズにいかず、今まで以上に苦しい生活を余儀なくされています。そんな時に皆さまが作ってくださる「ゆめポッケ」は多くの子どもたちを笑顔にし、自分を思ってくれる人がいることに勇気づけ...

毛布を5枚束ねるワン

May 21, 2020

青年の日には、工夫して毛布の運動にお取り組みいただきありがとうございました。
毛布の運動が地域に定着しているため、市民の方からも沢山のお問い合わせがありました。長年のご協力に感謝申し上げます。
さて、今年から教会での毛布集荷の際には、毛布を5枚一組で束ねるようお願いしています。倉庫では一枚一枚数えながらたたみ直すので、端数の毛布も一緒に送って大丈夫です。
運びやすい状態になるよう、ご協力お願いいたします。

【ンワンダ】最近は配達の方に、いつも以上に心を込めてお礼を言っているワン。束ねる回数は増えるけど、集荷の方に感謝をこめてンワンダも束ねるワン。

 ...

青年の日に向けて

May 14, 2020

  こんにちは!

今年の青年の日は、新型コロナウイルスの影響を受け、人が集まるかたちでの活動ができません。
でも、何か全国のみんなで「やってる感」…感じられたらいいなぁ…。

 

そこで、青年の日プチつながり企画として

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

「一食実践の輪~つながろう!←“いいね”~」

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

なんて、いかがでしょうか?(^▽^)/

 

5月17日にLINE公式アカウント「一食ニュース♡」のタイムラインに投稿される記事に、「一食実践をした人」の“いいね”を集めてカウントいたします!

全国で、同じ日に、同じ思いで一食を捧げる運動を実践した仲間たちが、“い...

中国仏教協会さまからのマスク

May 12, 2020

コンにちは♪

4月の話になりますが、ご報告があります(^▽^)
立正佼成会とご縁のある中国仏教協会さまが1万枚のマスクを寄贈してくださいました。
どこでお役立ていただくのが良いかを検討し、一食のつながりでは、難民支援協会(JAR)さんに3000枚、シェア=国際保健協力市民の会さんに600枚贈らせてもらいました!

JARさんからは「日本で暮らす難民の方々は必要な情報を得ることが難しく、日本国籍がないことから、支援対象から外れてしまう可能性もあります。難民の方々にマスクをお渡しできるのは、本当にありがたいです。事務所に来られない方にもお送りします」と。
シェアさんからは「在日外国人支援活動で協力してくれてい...

「私の取り組み」その1

May 11, 2020

こんにちニャ~!
いつもありがとうございます(^^)

今日は、以前「一食ニュース♡」でお寄せいただいた「一食を捧げる運動」参加者さんの声を紹介します!

゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜

普段忙しい日常にまみれると、自分の心も失いそうになりますが、一食の日、いのりの言葉を唱えて、募金する時に、心を見つめ、寄り添えます。ありがとうございます。

名前:Km
性別:女性 

゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜

今日は一食しましたのでお腹空きました。
私の回りではあまり実践していませんので、私だけお...

一食HPリニューアルオープン!!

May 01, 2020

こんにちニャ~!
いよいよ「一食を捧げる運動」のホームページがリニューアルオープンしました!
「一食を捧げる運動」とは?どんなふうに役立てられているの?といった疑問にあますことなくお応えできる内容に生まれ変わりました!(と自負しております)
皆さんのおかげさまで、ここまで来られました。感無量です~~(;ω;)
さらに今ご覧いただいているこのブログ!!初めての取り組みですが、私たち「一食のゆかいな仲間たち」が、最新の情報や、いただいた喜びの声などをどんどん配信していきます。

こういった状況ですが、ぜひ「ステイホーム」のお供にニューホームページをお楽しみくださいね。
ご意見・ご感想などは、LINE「一食ニュー...

真心の毛布が届いたワン🐶

Apr 29, 2020

昨今の新型コロナウイルス感染を受けて、現在、本部団参が中止になっています。参加予定で中止を残念に思う方、また再開を心待ちにしている方もいらっしゃるかと思います。辛い気持ちになることもありますが、今は、事態の収束を祈り、本部団参再開の日に向けて心や体制の準備をしたいと思います。
さて、第二団参会館では、この春、寝具の入れ替えをしました。そして、布団をリースしている山下寝具さんが、入れ替えた毛布を「アフリカへ毛布をおくる運動」に協力してくださいました。その数、約1,400枚!すべてクリーニングしていただいています。山下寝具さんと、調整してくださった立花産業さんに感謝です。
本年は「アフリカへ毛布をおく...

絵本200冊!!

Apr 27, 2020

Hello!
2月の一食ニュースでミャンマーへの絵本シール貼りボランティア募集の情報をお送りしましたが、今回のコロナの影響で団参プログラムが中止になり、みなさまにはご迷惑をお掛けしました。
中止になった影響で一食の事務局に残った絵本はなんと200冊!!この200冊の絵本をどうするかスタッフも頭を抱えましたがどうにか多くの方々のご協力もありすべてシールを貼り終えることが出来ました!ふー(汗)
こうやっていつもたくさんの方に支えてもらえて感謝ですね。
今はミャンマーでも移動図書館をするのが厳しい状況ですが、日本の絵本が現地の子どもたちの手に早く渡ることを願っています☆
皆さんもお体にはお気をつけてくださいね...